ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-) このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は流れついたようです 第11話

498 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:00:53 ID:6EoXK.G.


          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ          400年前の戦争に話を戻そうか
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::

499 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:01:26 ID:6EoXK.G.




┌──────────────────────────────────────────┐
│   400年前の僕のご先祖とそのお仲間は、契約者とはまた違う種類の魔法を使っていたらしい   │
│   文献によると、どうもやる夫君がよつばに放った魔法に近い威力を持つ者もいたというよ     │
│   速射性に優れ、数倍の王朝軍を打ち砕く様はモト劇場と名付けられた               ....│
└──────────────────────────────────────────┘


      ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙ ┣゙
                       ,、    ,r ‐‐‐.、. : .. .       _
                      。' rュ/´ 〉: :_:_::'.::: .: .: ..      | | [ll]   ┌.
                    r、     レ' 7´::::::T.::: .: .: .     | ト、   lニl | |      _
          V仆ィ       ,:′     〉ノ.::::::::ノ. :. :.:. :. :.     |_|     r‐'ノ ツ  . | | [ll]   ┌.
        ゞ`   ィ彳== _── ─.:... ...∠ 二二ニヽ.  .:. :. :. . .     ___         | ト、   lニl | |
              ≧⊆三ミヽ:::::::::_.:_/ .: .:.::ヽ   `¨¨`ヽ:.     /   \ ‐‐-.、    |_|     r‐'ノ ツ
       ィィ , ハ.:.ヾ\ ̄ ヽ:::::: :. :::.:}:::::::::::::..j      :!::!::. :.   /     /: : : : : `ヽ
        '´゙゙` `        '.: . ノ. :.:ノ.:.:.:.::::::/      l!ノ::.  ./´  ̄ ̄ ノ: : : : : : : : : :.).: .: . . :.
                  レ'´.: .:.: .:.::::,. イ  〈{:.警.:{} l!:.::  〈  `T 三二 > ‐rr --く. :. :. :.
                  {. . :.::::.:.,. イ .リ       リ.:. .  ヽ _ノ::, ,,´、、〉.:::.::i |: : :_ノi. :. :. :. : : :.
                   `ーー‐'´ i    R. P. D !.: .     ヽ:〉゙゙´ノ.:::.::://: /.::::}. :. :. :
   ィ彳´                    {         ノ       ノ.:::.:.:::.:.:.::///.:::::::.::L;;;;;;;; .: .: .: .
    ィイ.. .'´__ _ _____ _ __     `T. : .:. :; :; :;; :. .:       ヽ::.::.::.::.://.:.::::::::::::「  ̄ `ヽ; :; :. :.
     ィイ  二 二二二 二二 ヽ─ ─ ──ヽ 三三三 三三三三ニ \:::.://.::,. イ:::::::::::::::.:.:.:.;;:; . :. :
      >:   ( ⌒ヽ´` ` ``¨¨ ¨ ¨ ̄ ̄  ̄ヽ二二  ニニ ニ ニ ニニ ニニ `フ´  ̄ ̄  ̄ `ヽ、:;;;;. :; : .:
  ヾ\ヽ  ̄ ̄  ̄ヽ ノ.:`ヽ     「i i ii i´  ̄ ̄  ̄ .: .: .: .: .: .:   .::.:::_∠ ,. -‐‐‐- 、    ヽ
     ミ\   ̄| ̄i::: . .::: .ヽ ニニニニ l i il ll「二二L _. . :.: .: .: .T ii i   / ,.ィ彡三三 ミミヽ
     ヽヾヽ  `ーヘ:::. . :. :.: .\  i | i il ll: :eァ  ___」リ. :. :. :.:.l リ V//  . .: .: .: .: .: .: ヽヽ
  从 ヽ \      \: :. : ::. :: :.`フ⌒ヽ ii ̄( ニつ ⌒「二二ノ  /  .: . . .: .: .: . :`ヽ ,.:.ヽ}
               `ヽ: ::. : :: .: .: .: .:.ノ   ( ニつ ノ     / . .: .: .: .〈{:.警.:{}. :. :. :.V:/

┌─────────────────────────────────┐
│    まあ、その子孫の僕の一家に魔法を使える者はいないんだけどね   ....│
└─────────────────────────────────┘

500 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:02:18 ID:6EoXK.G.





           ―
        /    \
        |  0   〉    ∬
        人    /、   ー―
       |/  ̄ ̄|)   |   | 恨 | _(三))_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\___||_/ ̄


┌──────────────────────────────────────────────┐
│    ああ、先程の仮説に当てはめるならば、この軍には精霊は関与していないと思うよ            .....│
│    精霊の目撃例はどこにもないし、どうも補給線にも問題があったようでね                  .....│
│    結論から言えば帝国領内を食料を略奪して回っていただけとも取れる動きをしている           ...│
│    畑なんかも随分荒らされたみたいだからね                                    ....│
│    終戦間際には魔法での攻撃も散発的になり、王朝に組する者が現れたのは先程も説明した通りだ  ......│
└──────────────────────────────────────────────┘

501 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:03:21 ID:6EoXK.G.




               _____
        ,,, -─  ̄.::::::::::::::::::::::::::.... ̄ ` '' ー- ,,,_
      ,,.:::''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`:::..,,
   /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
  l::::::::::::::::::::::::_;;=''''´ ̄ ̄      ̄ ̄ ` '''ー=:、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  .|:::::::::::::::;;r'''´ 、wッ, __,,, -- ─- 、 ,,, __    `'''=::、:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  .|::::::::::::/  _,,=.}.ili f__,,,...:::----:::.,,,,..____   ̄` - 、._   `''ー.、:::::::::::::::::::::l
  l::::::::/ , ''´ ,ィ "-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄''''‐-- 、__゙'''-、   `'、:::::::::::::::|
   \::〉´ :''´7:::::::::::::::::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;ニ三-ェ==‐-、;; O/   ゙'''-、  ヽ;::::::/
    .`l,..::´/./:::;;;;;;;;;;ェ.-=''''´              `''ー.、   ゙' 、,{/
    ノ:::::/_ァ''´                        `''ー、   {
    /:::/ `                         _    ‐-'、
   .l;;/     ` ─- _         _ ,.  -ー
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



┌──────────────────────────────────────────────┐
│    さて、終戦後だ。人的被害著しい帝国は一旦崩壊し、その中で力を伸ばした貴族がいくつかあった     │
│    まず筆頭はかがみ君の実家である柊家だな                                     .│
└──────────────────────────────────────────────┘

502 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:05:33 ID:6EoXK.G.




┌─────────────────────────────────────────────────┐
│    モト軍に荒らされた食糧事情だったが、戦後に精霊が姿を表し復興に役立ったという実績がある          │
│    この頃までに政治に食い込んで子爵までは授けられていたが、                             .│
│    柊家による、インドを含めたルネス領の統治が正式に認められたのもこの頃だ                    .│
│                                                                       .│
│    精霊信仰の本拠だけあって、元々この周辺の平民の精神的な帰属意識は柊家にあったんだ            │
│    まあ、もともと開拓し始めたのは柊家だから、今更って向きもあっただろうけど、それまでは王領だったんだ    .│
└─────────────────────────────────────────────────┘



                || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                ||_______________________|
                    |   |        || 残 ||       |   |
                    |   |_..       || 飯 ||      .._|   |
                .   | ̄|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   | ̄|
                .   |_|   |,______________,|   |_|
                    |   |                     |   |
                    |   |      .    | ̄| .          |   |
                    |   | _____/|_|\____ .|   |
                    |   | |_____/  /\ ..\___|...|   |
                    |   |/     /  /|| || ||\ .\..  .ヽ.|   |
                    |   |_    /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.  \.  _|   |
                  ../|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |\
                 / ..|   |,______________,|   |_.\
                .. ̄ ̄|   |                     |   |
                    |   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |
                    |   || ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~(¶ )~ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄||   |
                    |   ||  |____ノ. ヽ,,____|  ||   |
                    |   ||  |  |十十十十十十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十十∧∧十十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 (  ,,)...十十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 /  |  ̄|_ 十十十|.. ||   |
                    |   ||  |  |十 (ヽ_) ..|_ 十十十|.. ||   |
                    |   ||.三三三三三三三三三三三三三||   |

503 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:05:55 ID:6EoXK.G.

┌─────────────────────────────────────┐
│    それが正式に王朝から領地として認められたのは大きい                │
│                                                     ...│
│    2人の英雄を生んだ精霊を祀る神社という基盤に加え、飢饉の度に精霊が現れて │
│    肥沃な大地を司る…なんて言われ始めたのもこの頃で、あとはトントン拍子さ    │
│                                                     ...│
│    実際に、農作物の生産量は同程度の大きさの、他の領地と比べても多かった  ....│
│    一時は柊侯爵国なんて名乗っていた時期もあったほどだよ              .│
└─────────────────────────────────────┘

504 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:06:23 ID:6EoXK.G.




┌─────────────────────────────────┐
│     ちなみに新興貴族である外様貴族としての最高位は一条家だね     .│
│     侯爵まで上り詰めた家柄で、80年ほど前までは宰相も務めていた    │
│     新城家の寄親だ                                  │
└─────────────────────────────────┘



        ト、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -‐ '":;:;:;:;:;:;:;_,.ノミ'、
        |:;:;:;:``'ー:;:;:;:''"´:;:;:;:;:;:;:_,. -‐='二三シハ
        ト、_:;:;:;;l:;:;:;:;:;__,. - '"´ 三三三三彡ノ!
        l:::l  二、― 'r―-,_   _三三三彡彡ニヽ
         ヾi  `ー′:. `""´   ` ̄'三三彡片ヽl|
         '、 , - 、、   __,.. .. ,、_,  '三彡'^> ノリ
         l イで>、ヽ  ':,ィ'で'>'"   三シ' f ノ /
         l ヾ二フ ,!  ヽ二彡'´   }ツリ ,、_ノ
         '、    l    ,.、      i 川 ├ミ'、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          ヽ   ,'   '__)ヽ、    /``7>、|     │  寄親ってなんだお?   >
             ヽ /`ー'i´   \   /  ///>、     \__________/
           ヽ'、 、_,==ァ=-、_,} / /./////ト、
            \ヾ二"´_,. ‐-.:.:/ /.//////:.:ヽ
           ,. -/ゝ、':、_:' :、_ _:/ / //////:.:.:.:.ヽ‐- 、
          / /:.:.'、 ヾ"゙´ ̄ / / /////'′:.:.:.:.:.ソ ノ )
      ,. -―{ 、/:.:.:.:.:ヽ ヽ.  / / /////:.:.:_,. - '" / ̄``丶、
 _,. -‐ '"´   ヽ `丶、r―--`'-/ / /////''"´   /       `丶、
'´          丶、_` ̄ ̄ / / ////'′ _,. - '′          `丶、


┌──────────────────────────────────┐
│     役職関係なしの上下関係かな?                        ...│
│     寄親・寄子っていってね、庇護する方される方といった関係さ         │
│     貴族はコネがないと仕事に就けないからね。色々世話してもらうのさ    │
└──────────────────────────────────┘

505 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:06:57 ID:6EoXK.G.



┌───────────────────────────────────────────────┐
│    譜代筆頭はリップヴァーン公爵家かな .              .                         .....│
│    モトとの度重なる戦争の間、物資を流していた隣国ヴァネス王朝の血を引く一族だ               │
│                                                                   .....│
│    元はヴァネスの監視と動きを封じる為に、人質として王族をこちらに招いたのがきっかけだったんだが   .│
│    当時、男爵だったこの家の当主がアホでね。手を出してしまったんだ                        .│
└───────────────────────────────────────────────┘


      _,. -=;; ̄;;=-._
   _..-:"::::::::::::::::::::::::::::::::\  __,.-===-,,、
 _-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::V≦_      ヾ,
":::::::::::::::::::::::::::::, 、::::::::::::/ "''iヽ ヾ,        ヾ,
::::::::::::::::::::::::::::/ ノ::::::/ __,,_  i. ii  i       ii,
::::::::::::::::::::::::::::!/:::::::/\ ヘ ヽ | ii  ,i       iii
::::::::::::::::::::::/::::::ノ  , ,.VIY/ ,i'          ,ii
::::::::::::::::::::::::< i::i    ' ' iノi,        /i    ,,ノ
:::::::::::::::::::::ノ ヽ!ヽ   i_、_.i--'        ヾ=='"
::::::::::::::::/i,   >::ヽ、_,/:::::::::::=‐-:::、:_
::::::::::::::/::::k'  i;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::=‐-...、.._
:::::::::ノ::::::::::i Y:::;_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::=-...、,,__
/:::::::::::::::::::V:::ノ ̄ "=--  _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄.."=---.、
:::::::::::::::::::::::::i:::l'          ̄"'''=--  、::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::√l_ _,,,__
::::::::::::::::::::::/:::/                  ̄ "'''= 、_::::::::::::::::::::::::::::::::ノ .ノ "y  ト-、,__
::::::::::::::::::::::::/           _=-―-、         ̄"''=-::::__,,/__/-iノ  .ノ./  "=- 、,__
-::= 、;_::::::/          /::::::::::::::::::::i,                  "'''=' > ‐-  ,____ノ
:::::::::::: ̄:L_        /::::::::::::::::::::::::::::::i,                   ("''-,__   'i,
::::::::::::::::::i' 7y-,_    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i,                   >"/ /l i
;;;__;;;:::ノ .ノ/ /"''=-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i                  / 4 / l' .l


┌─────────────────────────────────────────────────┐
│    仮想敵国とはいえ王族だ。その子供が男爵ではまずいってことで、急遽爵位を上げる事になったらしい     ..│
│    宰相だった一条家は相当慌てたそうだよ                                         ......│
│                                                                       .│
│    現在も筆頭であり続けるあたり、意外と計算だったのか、ヴァネスの血が良かったのか知る術はないがね     │
└─────────────────────────────────────────────────┘

506 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:08:42 ID:6EoXK.G.




┌─────────────────────────────────────┐
│    同程度に力を持つのが羽川侯爵家だ                           │
│    代々財務担当を歴任し、武官を輩出しない事で有名だ                 │
│    そのおかげで400年前の戦いでも血を流さず、                    ....│
│    600年前から変わらぬ勢力を保ち続ける門閥貴族だ                 ..│
│    婚姻関係によって規模は大きくなる一方のようだが王族との血縁関係もある     │
└─────────────────────────────────────┘

507 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:09:07 ID:6EoXK.G.

         l             │      /                                  | |仁ニ
         l    ∠二>、 /「     /                                    | |仁ニ
         | /─/   ∨/|___/            , - ─ - 、                 | |仁ニ
         |/ ─/       |」/「二二」          / . : : : : : : . ヽ_             | |仁ニ
         ト─/        |彡r──|        / : : : : : : : : :ノ[l: .\ ヽ          | |仁ニ
         l_「、        |彡| | ̄| |        / : :=: : : :/ノ 八: : ハ 丶        | |仁ニ
         |二l」\      |彡| |  | |   _   ノ : : : : : :∠⌒/ ,ニ、: ノ            | |仁ニ
         | ̄|  |l\   <⌒ヽ人 | |  \∨厂: : (⌒Vr七リヽ=イリノ: :ヽ       '⌒ | |仁ニ
         |  |  |l |l\ ノ/ノ(⌒) |ノ\_厂 _;_;_;_;_ヽ、ヽ。_ノ〈 「Ⅳ: :ノ   /⌒′  | |仁ニ
         |  |  |l |l |l\|∨| | ̄|\/\_ノ  ∠二>、〈\r| l | 〉/   イ        | |仁ニ
         |  |┐|l |l |l  |彡| |  | |   r┐/ ̄ ̄ ̄\/ \  l/┐∠二、       | |仁ニ
         |  |└‐ |l |l  |彡| l ⊥! ヘ-、/ r┐       \ l  八: : ̄|   ヽ      | |仁ニ
         |-|  └┐ |l  |彡| | ヽ   ト ノ//´         V / └┐: 丁 ノ    | |仁ニ
         |-|    └‐   |彡| l ノ`∨ _/  ヽ ヽ     _/ / '⌒ └┐:\、    | |仁ニ
         |--|       └‐|彡l/   〃      <⌒ヽ_// /  ∠二ノ : : 八\   | |仁ニ
         |─|    (\__|/     ノ         ∧     / /     ∠_;_;_ノ   ̄   | |仁ニ
         |二|    >==彳     |       / / └┬‐个 ´                   | |仁ニ
         |二|   ヽ┘⌒l个┐ /     イ_|_   |   l                ト -イ | |仁ニ
         |三|_八_从__」彡〈 〈___/__l、八  ヽ_儿从_从人_(>x.<)_| |仁ニ
         |彡 三三三三人彡/ヽ__)__/l : : : : : l二\  ヽ二ニ、 r───┐( _ ,」 |仁ニ
         |三三三三三ノ\V: :/ : : : :/: : : :l : : :_;_;_;|三二\ \  | 厂 ̄ ̄厂┘┘| |仁ニ
         ==‐ _/ ̄V⌒ヽ/ : : : :/ : : : :l : :///////> 、\ \ノ/ ̄ ̄ ̄丿   | |仁ニ
         = 、   ̄>'⌒| : : : :〉⌒ヽ| : : : : l : :|///////////>\  ーヘ ─<     `'<ニ
           /´ \_ノ_/| : : : :|\: : :厂////////////////>ー<三三三|
          / ヽ _/'⌒ |: : : :| : : : :| : : : :|∠∠///////∠////////〉-  _ ̄ ̄
         、卜==彡′   |_;_;∠二、 :| : : : :L _     ̄∠//////////  ̄ ‐- ニ __ ‐-  __
         丶> 、            \_;_;_ノ‐ 、>∠///////> ´               ̄ -/
           `丶 ,> 、               l///////>- 、_                    //.
               `丶 _> 、          V/////∧`丶 _>- 、__           /,/ .:
                   `丶 -> 、       `ヽ////∧   `丶 __ >- 、___  /_/   .:.:
         、             `丶 =,> 、     ∨///∧         `丶 ___ /-/   . .: .::
         _\         __   `丶 =_> 、     ヽ////〉          /,=/   . : : : ::

508 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:09:59 ID:6EoXK.G.



┌───────────────────────────────────┐
│    では最後に親藩だ                                  ......│
│    親藩は英雄王を始祖に持つ貴族で基本的に子爵以上だと考えればいい   .│
│    ただ、後で説明するがあまり意味もないがね                   ....│
└───────────────────────────────────┘
                 , __,,  __  ,,__
                ィ::::"   T    ":ヽ
               /:::,      !     ::::\
              /:::::/      !   、  ::::ソ
               !::::'       |     ヽ::::イ!
             ト::|  √  ∧wvへ    ヘ/丶
             /::::ミ  / /"    \  彡::::〉
             !::::| \━/ ━━━━━ヾ━:::::!
            /トr  リ__     ____ヽ ::::夕
           イ::δ イ_ _ `ヽ ヾ√,__ァ ミ イ
           !::ゝ  ! ゝト;"≧ ゝ≦ー'イ ∬〈ィ
          /::::γ:::ハ      |      く" ノ::::〉
         〈::::::::::::《:::: ∧      !     ∥::::く:::::::)
          \::::ハ:::::::| ト:;:;:.:.,.,ヽ -.,.,.:.:;;rリ:::!:::::/
         ,,,-ソ::::::〉::/::::ハヽ;;`ー----':;;ィノノ:ノ:::::ミ
        /:::::::::/:::::/::::::: :::ハ \;;ミミ;;;/ /イ:::::::::::\
        /::::、:::::::::::::::::::::ノl|lト     ̄   /l||/::::::ヽ:::::))
       〈::::::::::::::::::::::::::::rll|||lノ     ゝ  !l|||::::::::::::ヾ_::::,,,
        〉:〈:::::!::::::::::八l|l/  、  ∀  ヽト::::<:::::::::::ヽ::::〉
       ソ:::::::::::л:::::::::::::》....... .ヽ       〉::::>::::::::::::::|
      /:::::::::〈:::::ノ^>、::〈................ !   /  K:::::::::::::::〈"
      ヽ::::ヽ:::::::-''´_く::::丶、ー-- 、  ::::__ ミミr::、::!、___ 、
    /´ ̄^"" "    〉::ζ__  ー ヽ ´ _  r::::/    ヽ_、
  ∠   vWノ    ::   "--:::::::> :::::::ト  ィ::::::: 彡"   ! ヽ::::`Ip、
 ´F A  ζp !:::::::/::::    ソ      ヾ !         ヽ   !:::::::、
イ  w∥w ^彳ト:::::::::丶::::           1 ヽ        !   〈|、rυ
/ ≫(( )〉≦ ! ! 冫::::ヽ::::           !          ノ    > ー !

509 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:10:25 ID:6EoXK.G.





                       バリバリ ∧,,∧  ∧,,∧ バリバリ
                       ∧,,∧ (´・ω・).(・ω・`) ∧,,∧
                      ( ´・ω).(っ□c) (っ□c)(ω・` )
                   .バリバリ っ□(  ´・) (・`  ).□と ノバリバリ
                       .u-u (バリバリ (バリバリ u-u'
                            `u-u'   `u-u



┌──────────────────────────────────────────────┐
│    さて、親藩・譜代・外様と説明したが、この他にも種類がある                          ...│
│                                                                    │
│    ・領地を持ち役職を持つ貴族と、領地を持たず寄親や王朝からの俸給で生きる俸籍貴族  .      . ....│
│    ・領地を持たず、金銭で官位を買った法服貴族。戦があっても軍を出さない、まあいわゆる財布だ    .│
└──────────────────────────────────────────────┘

510 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:11:04 ID:6EoXK.G.




          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{             ここまでは問題ないかね?
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::



     ____
   /      \
  /         \        はいですお
/           \       (めっちゃ覚える事多いお)
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

511 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:11:39 ID:6EoXK.G.



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;仆''从,,、::::ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;''/'''从"''从    |;;;;;;/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;/;;''''/''''''仆           |;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳"从''''         i ヘ    ,,,,,, |;;|、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡           ,, ノ  \,,;;;;''''''''''' } }
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〃         ,,,,,,;;;;'''''/    / _,,!、´| }
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡    ,,,,,,,;;;;;;,;;'''''        ヘ=・― ,' |ノ        では、ここからは今までの話が少し崩れる
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳    ,;;'' r ― '' _了 ゝ    ヽ、` ‐   }
、ヽ、;;;;;;;;;彡     '  ´-==・-‐'        `ヽ,   }
 iヽ '''';;;                         |   |
、 ` !!、                          / ̄/´   |
ヽ 、ヽ、i                    ` へ !´  、 |,,
 ヽ \ て        _,,,,, -''''           /`/: '',,
   \ \从       !ヽ'''――ー - ー ―ー-‐τ /: : : : ' ,,
" 〃 ヽ \ 从     ヽ,''‐、-‐- -‐ー-‐''フ´/ノ ./: : :    {
 " "〃 ヽ  、 从     ヽ 、` ''' ー ‐ ´_ノ  r'、: : , 〃 = ´ .
"',   〃  \ \.  !、= - 、   ` ""  ̄   /= {} }  "  { \ .
             ヽ  仆ヽヽヽ、    r 'ヘ  ノ=ノノ }
          ヽ i 从ヽヽヽヽ _/ rヽ=´ノi i ノ



                _ --― - 、
             _,__'´    \     `ヽ、
            (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ
            / ̄     ̄ ̄      i
             ,' l、_人  ノ         l        えっ?どういう事?!
              i    l .l  ̄  ,    u   l
             ヽ  l l    /       /
             `.l、_ノ__        /
                  `l        `、
                  /       ヽ、
              __/     _/    `ヽ、
                `ヽ、_/l  <_/     l
                      l              l
                   ヽ、        /
                     `l   _,-   /
                        l   /  /
                      / ./ヽ、〈
                      ̄    `

512 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:12:37 ID:6EoXK.G.



┌─────────────────────────────────────────┐
│    100年ほど前のことだ                                           │
│    長い農地の開発に一区切りもつき、王国全体で人口が増えていったんだ           ...│
│                                                          ......│
│    庶民の人口が増えるのはまだいいとしよう                               .│
│    だが、ただでさえ飢える事のない貴族は、庶民よりさらに早い速度で増えていったんだ    │
└─────────────────────────────────────────┘



     ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧ /⌒ヽ
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  )と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∩,,∩  /⌒ヽu-u (l    ) (    ノu-u
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ x ・) (・ω・`) ∧∧u-u'  `u-u'
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu-u
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'



┌────────────────────────────────────────┐
│    300年間で貴族たちも増えた。そうすると、仕事にあぶれる者が出てくる          ..│
│    同族間での諍いから始まり、隣の領地との摩擦、宮廷での陰謀や足の引っ張り合い  ......│
│    果ては内乱にまで発展した                                     ...│
└────────────────────────────────────────┘

513 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:14:19 ID:6EoXK.G.


         マーマー ∧,,∧  ∧,,∧オマエラヤメ
          ∧∧(´・ω・)(・ω・`)∧∧
         (´・ω・)  U) (U とノ(ω・` )ケンカイクナイ
         |し U∧∧    ∧∧と ノ
          u-u( ・ω・)=つ);:)ω・`)
             (っ ≡つ=つ⊂⊂)
             ( /∪ バババ∪ ̄\_)
              オラオラ!!


┌───────────────────────────────────┐
│    さすがに王国軍によって鎮圧されたが、ことを重くみた3代前の国王は     │
│    今まで子爵の子は子爵、といった爵位制度だったのを許可制にした     ....│
│    つまり、子爵の子だけど男爵だ、といった具合にね               .....│
│    ここからが80年前の話になる          .                    │
│    こうなると問題がある貴族はもちろん                       ......│
│    位の高い貴族でも5男までいけば無位無官なんてのもありえる         .│
│                                                    │
│    僕だって伯爵の子だが、僕自身は実は男爵さ                   .│
└───────────────────────────────────┘

514 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:14:48 ID:6EoXK.G.



┌───────────────────────────────────────────┐
│                                                              ..│
│    さらに、反乱がちょっとしたトラウマになったんだろうね                         ....│
│    外様に関しては以前から冷遇気味だったのを、理由があれば領地を取り上げる事までした    │
│                                                              ..│
│    さらに、増えすぎた力ある貴族である親藩、つまり自分の親戚だね                  ..│
│    こちらに関しては更に遠慮なく、時に陰謀まで使ってかなりの数を                   .│
│                                                              ..│
└───────────────────────────────────────────┘


              ,. -──-- 、
.         ,.ィ彡'"´ 二  ̄lヽ二
.       /iノ  /,.- \ノ }≡
.     /´ f/ r /_,__,__  ミ
     fー-、i/ 、 /_rェァ'"  }
     {:::/`ヽ  }     i \
     `ハ \,       l
      |: :ヽ/       l     「         .\ / ┌─┐
..     l : Yエェ:.、    l                     X  │  │
.      i : :ノ'´ ̄ ̄    i               ./ \ノ   └
.      ヽ:ヽ-‐一'    i         ──┐``   ─┼─┌─┐ ..|      -┼─
        V                       /     , /|\ \/   |      /.-─
        }.      /ニマ⌒ヽ       /   つ.  .|  /\_ . ヽ_/   / ヽ_
        ヽ< ̄`// 人__,ノ!                                   」
           ̄///  /´
          //  /⌒)
           /フ<__ノニ!フ7
.        ///_,ィO ノ ̄
     /// 〈_/`7´─く ̄`!
.    /l// /___/ /`ソ〈_./
   ,ハ \___ i,.イ   ヽ/__/


┌─────────────────────────────────────┐
│    この騒動のおかげで、今は王族直系のみで親藩はいないと思ってもいい  ...    .│
│                                                     ...│
│    国王プロシュートはその後すぐさま退位して                        .│
│    まだ多少の混乱はあるものの王政の安定を達成したのさ               .│
└─────────────────────────────────────┘

515 名前:michi ◆kg6sb/Aqw6[] 投稿日:2011/11/11(金) 23:15:12 ID:6EoXK.G.


          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ        .  今は実績を積めば昔より早く出世できるが、やはり格というものもある
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{          
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__    
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、       やる夫君、例え相手が男爵と名乗ろうと
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\      その実家が侯爵だという事も十分にありえるんだ
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー 
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..   僕の家に勤めるからには貴族を相手にする事もあるかもしれない
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.   無礼打ちにならぬよう、十分に肝に銘じてくれ
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./:::::::::::: 
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::




     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  <○>  <○>  \      ハイデスオ
  |    (__人__)    |
  \     `⌒J´   /
  /              \


______________________________________________つづく
関連記事
[ 2012/01/04 ] オリジナル やる夫は流れついたようです | コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する
まとめ一覧
完結作品
最新コメント
リンク
物欲センサー